きーぜるの雪だるまころころ。

AMZNとともに生きる

Twitter or Blog?

(livedoorブログはラインさんの妹さんといったところでしょうか…)


ツキギさんのツイッターさん漫画はこちらからどうぞ!




今回はツイッターとブログについて書いてみます。私はツイッターとブログをやっております。個人的にはツイッターの方が気軽に使えますので楽しいし便利だと思っていますが、流れてしまうので、明確に何かを言いたい時にブログを書くといった感じですね。


例えるとすると、学校の教室で近くの席の人と話すのがツイッター、教壇上で何かを語るのがブログみたいな感覚ですね。ツイッターだったらお気軽リツイートしてああだのこうだのと言えるので、ネタに困りませんが、ブログは自分から話題を作っていかなければという負担感というか孤独感みたいなのはありますね。



日本人のTwitter好きは異常とのことですが、表語文字との相性はバツグンなのかもしれませんね。それに加えなかなか感情を表には出せない悪習がありますし、なにより匿名でできますからね。



よく対比されますが、Facebookは2度とやる気になりませんし、株式を買う事もないでしょうね。あのノリは気持ち悪すぎて嫌悪感しか湧きませんでした。
残念ながら株価や業績を見る限り、Facebookに軍配が上がってしまってますが…あ、フェースブックさんは好きですよ。


ただ、これだけ便利なツールが使えなくなってしまうのは不便なので、Twitter社にはうまく収益をあげてサービスを継続して欲しいですね。アフラックのように日本で大半の収益を上げる銘柄になるのかななんて思ってみたり…

新人研修がおわった



タイトルどおりです。でも教わる側ではありません。教える側です。新人3人(何故か同い年)の研修が終わりました。この年で新人として入社?(あっ察し)ですよ。


今回から全営業所に回らせるというのは社長の意向らしいのですが、自分が新人の時には相当酷い目に遭わされてますので、同い年に対してわざわざお膳立てして懇切丁寧にというのは、この上なく非常に不快でした。


自分の時は本当に酷かったですよ。ろくに教えもされず、ほったらかされたあげく分からないのに怒られて蹴られてましたから。昼休みにフォークリフトの陰で泣いてました。


同い年が苦手なのはやはり学校が大嫌いだったというのが大きいんでしょうね。トラウマだらけです。女性の新人は比較的有能だったので割と普通に話せたのですが、男2人は無理でした。手に負えません。現場回すので日々限界なのに知ったような口で数字的なことなんか聞いてくんじゃねーよ馬鹿!!その癖なんか言ってもレスポンスは物凄く悪いし憎しみしか湧きませんでした。もう必要に迫られない限り自分から話すことは絶対ないでしょう。



結局のところ、配属でもないのに教えることになり、人手不足の現場に負担ばかりかかって何の意味があったのかさっぱりわかりません。まあまともな人間は皆無の会社ですから致し方ありませんね。
どうせ新人と関わりたくないものだから全部押し付けられたのです。



結局色々と調整に時間をとられ各方面に負担をかけることになってしまい、またキレられるという有様です。また一生もののトラウマがいくつも出来ました。最低最悪の2週間でした。腹が立ってイライラが押さえきれず、新人連中の机は近くでしたが、一切目を合わせませんでしたし、仕事以外のことは一切話しませんでした。


人がイライラしてるのに、そういう時に限ってわざわざ新人にこいつ同い年だよーとか声掛けてくる馬鹿が何人かいるんですよね。もう爆発寸前でした。だからなんだってんだよ!!こっちは4年も耐えてんだよ!!


私は会社の先輩ではございますが、同い年ですから仲良くしてくださいねとでも言うとでも思ってんのか?いい加減にしろよ!!



研修終わってお疲れと課長に言われましたが2度とやりたくねえと言い返しました。これでイキイキと教えてたとか言われるんだから本当に報われません。



そうですいつだって貧乏くじを引いてきました。これからも貧乏くじを引き続けるのでしょうね。一体いつまで苦しまなければならないんでしょうか…

2016年4月の給料




続きを読む

なぜ株を買うのか



まあ時折色々と考えるのですが、コミュ障すぎて自分ではビジネスを起こせないから、他人のやってる素晴らしい(と思われる)ビジネスを買うしか選択肢がない、これがまずは一番の理由ですね。


にしても日々の仕事が辛すぎる…それでこの給料とか…ああもう…


とてもつらい2




とにもかくにもまずは今週を乗り切らないと…

ストレスまみれです。

ああムカつくことばかり…

ていうかなんで何かを修復すると何かが壊れるのか…いい加減にしてくれもう…

自分の心が壊れちまうよ

とてもつらい



色々とつらいことばかりです。今週は特につらいことが続きそうです。なんとか耐え忍ばないと…

低金利下の資産運用



金利が下がり続けていますね。ご覧のように個人向け国債も最低金利に張り付いてますね。驚きです。


以前よりも国債の旨味が本当になくなってしまったこの状況下において、流動性を鑑みると、わざわざ国債を買わなくても普通預金やMRFでも十分な感じもしますね。


さすがにここまで金利が下がってしまうと、JNJ•PG等のいわゆる鉄板銘柄を株式というよりは擬似債券的に保有して配当を貰うほうが良いのかもなんて思ってしまいますね。


それでも、株式は債券とは違いますから、本当にボラティリティを犠牲にする価値があるのかどうかが微妙なところかなと思います。なので今は低ボラティリティ戦略や少数分散ポートフォリオ等に関する色々なレポートや論文をネットで調べて読んでます。


ただ、個人的にはフルインベストメントする勇気はないですね。むしろ私は個人投資家の強みというのはフルインベストメントしなくても良いところにあると考えています。


一般論として市場平均に勝つのは難しいとされていますが、下落相場においては投資しないだけで市場平均に勝てるのですから。長期では株式有利というのはシーゲル派の観点からはなんとなく頭では分かりますが、結局短期で被弾してしまえば、その分だけリターンが阻害されてしまうのは言うまでもありませんね。これこそが多くの投資家が株式市場からの退場を余儀なくされてしまう一番の理由なのではないかなと思うのです。


なので暴落という局面に備えて現金なり債券なりをそれなりに備えておくことは特に個人投資家が生き残っていくためには大事なことだと思います。そういう時期を乗り越えた先にこそ素晴らしいリターンが得られるのではないかなと。


以上、適当な思考実験でした。


米国株買った時の初期のポートフォリオ

Googleドキュメントに初期の米国株のポートフォリオが残っていたのをたまたま発見したので載せたいと思います。

image


まだ米国会社四季報とかは発刊されてませんでしたし、みんな知ってる銘柄ばかりですね。この頃保有していた個別株はどれももう持ってませんが…利益が出ている状態で逃げ切れたのは良かったなと思います。税金こそ支払うことになりましたが、含み損抱えるより余程マシですから。


この頃に比べれば投資スタイルの方向性は安定してきた気がします。大型株はもうそんなに個別株として保有しなくてもいいやって感じです。

仕事がつらい



いやーキツイっす(素)

どうにかならんのか…

精神不安定



詳細を書くと負の感情が増幅するので省きますが、相変わらず辛い状況が続いています。もう診断を受ければ心の病なのかもしれませんが、だからと言って仕事の状況が改善する訳ではありませんし…


ストレスマッハのせいか背中と胸がとても痛くて土日はずっとえび反りで寝て終わってしまいました。今週から通常業務に加え新人研修の担当なのですが、新人が同い年なので嫌でたまりません。学校時代がトラウマだらけの自分にとって同い年の相手は苦痛以外の何物でもありません。いっそのこと年上が良かったくらいです。とにもかくにも今期は死んだつもりで突っ走るしか選択肢がないのです。(5月決算なのであと少し)


なんとかこの状況を改善する為の工作を数少ないつてを頼りに継続しておりますが、来期はどうなるのか全くわかりません。


まあ今の自分に出来ることはとにかく耐え忍ぶだけです…


なんでこんな人生になっちまったかなあ…

忍城に行ってみたよ

仕事が辛くて辛くてとにもかくにも憂鬱なので、天気も良かったので埼玉県行田市の忍城に行ってきました。

撮ってきた画像を載せます。


忍城といえばのぼうの城の舞台ですね。映画は見たことありませんが、原作の本は読みました。博物館にも行ってきました。


撮ってきた画像だけ見ると、閑散とした感じもしますが、実際は地元の人となんかのコスプレの人達で混んでいて、あまり桜は撮れませんでした。


川越ほどではないのかもしれませんが、少なくとも私の住んでいるろくでもない市とは違い、行田は街並みに趣きがあって良いなと思いました。

2016年3月末の資産額

どうせたいして変わらないのに円グラフ作るのが面倒なので・・・
 続きを読む

ストレスまみれ



今年になってから部署内で担当が変わったのですが、辛くて辛くてたまりません。不眠再発中で鬱状態の為に思考能力が大幅に低下しております。辞めたくてたまりません。

とにかく早急に抜け出せるように最善の策を考えたい思います。

今まで入った会社の入社の経緯



なんか寝れないのでブログの記事を書いてみます。

今年はうちの会社も珍しく新人が入ってくるということで、今まで自分が受けた会社の入社の経緯を書いてみます。


新卒の時に入った会社は営業職でした。当時は第二氷河期でしたから採用枠は1人だけでした。最後の面接では2人だけでしたから、相当厳しかったですね。多くは語りませんが、ええいわゆる一部上場の財務良好な大手の優良企業ですよ。2ヶ月で辞めてしまいましたけどね。悔しいですが、まあ今後も潰れないでしょうね。散々痛めつけられたので私は個人的に残りの人生徹底的に不買しますけどね。


そのあと入ったのは某大手商社の系列子会社です。ここも上場企業でした。この会社にはハローワーク経由で製造職として入社しました。後から聞くと20人から10人に絞ったとのことでしたね。ブラックだったので半年で辞めました。課長があの商社は血も涙もないと言ってたのが印象的でした。部長以上は全員親会社の天下りでしたね。酷いところでした。


でもってその後に入ったのが今の会社(倉庫業)ですね。今の会社はネットの求人広告をみて応募しました。後から聞くと、ネットのエントリー時点で300人、そこから総務が80人に絞り、書類選考で20人に絞り、一次面接で10人に絞り、役員面接で3人という結果(自分を含む)でした。親会社はみんな知ってるあの会社なのでその意味では人気があったのかもしれません。我ながらよくぞこんな倍率で入れたものだと思います。給料はブログに毎月書いている通りですが…


元々コネで人を入れてなあなあでやって来た物流子会社なので、コネ採用をやめた初めての代だそうです。まあ大学名で採ってくれたのでしょう。プロパーに自分より上の経歴の人は皆無ですからね。発達障害みたいな傾向のある自分にとって今更学歴なんて全くなんとも思っていませんが…


先の事は分からぬこのご時世に、一応とはいえ正社員でずっとやってこられたのは幸いです。


自分の時はとにかく厳しかったのですが、今の就職活動ってどんな感じなんでしょうね…散々な目に遭ってきましたからもし仮に面接官になることがあったら凄く嫌な面接をしてしまいそうな自分が悲しいですね…


2016年3月の給料

44

(3月4月のカレンダーのイラストすごくいいです!みんなかわいい!)
続きを読む

個別保有銘柄の位置付けを考えてみた



最近仕事の精神的負担が大きくて、ブログのことを考える余裕さえありませんが、保有銘柄も増えてきたことですし、自分の考えを整理するために書きます。


今現在の保有銘柄数は11銘柄です。

日用品枠
CHD

食品枠
HRL
MKC

たばこ枠
RAI

アルコール枠
STZ

アパレル枠
NKE

レストラン枠
SBUX

小売枠
AMZN

公益枠
AWK

クレジット関連枠
V
EFX


ざっくり適当に分けてみましたがまあこんなところです。セクター的には圧倒的に生活必需品だらけですね。


とりあえず気になった銘柄は買っていくスタイルです。逆にポートフォリオに入れたくないセクター•銘柄はなるべく排除していく方針です。通信も石油も銀行も素材もなしの生活必需品セクターまみれのポートフォリオでどこまで戦えるものなのか、今後もご覧になって頂ければと思います。



「人間は失敗する生き物だからね、大切なのはそこから何かを学ぶってことさ。」ポロロロン♪

リテラシーは大事



私は郵便局に毎日社用車で行くのですが、今日はゆうちょ銀行の窓口で高齢男性と窓口担当者が揉めていました。詳しくはわかりませんが、購入した投資信託で損を被ったようで、説明したしてないで押し問答を繰り広げていましたね。



かく言う自分も誰かが教えてくれたわけでもありませんし、一般的の人々の金融リテラシーはあまり高くないどころか低いというのが実態だと思います。



やはり変な金融機関から自分を守る為にも金融リテラシーは大事ですね…

映画「マネー・ショート 華麗なる大逆転」を見ました



ガルパン劇場版を観に行ったときに、始まる前のCMでこの映画の紹介をしていて、興味があったので観に行きました。



観た感想として個人的には、バフェットがウォール街から距離を置いている理由がなんとなくわかったような気がしますね。別にこの映画を観たからといって何がどうという訳ではありませんが、今後の自分自身が投資をしていくにあたっての思考実験の材料にはなると思いました。

2016年2月末のポートフォリオ

20160303
続きを読む

2016年2月の給料

53
続きを読む
ブログ村
おすすめの本
ギャラリー
  • 2024/07/12
  • 2024/07/11
  • 2024/07/10
  • 2024/07/09
  • 2024/07/08
  • 2024/07/05
  • 2024/07/04
  • 2024/07/03
  • 2024/07/02
アーカイブ
~ブログタイトルの由来~
このブログのタイトルは、この言葉から着想しました。

“Life is like a snowball.
The important thing is finding wet snow and a really long hill. ”

― Warren Buffett
記事検索
メッセージ

名前
本文