ついにバンガードのセクター別ETF等が日本の証券会社でも買えるようになりましたね。


ちょうど他社のセクター別ETFも検討していた所だったので、とても嬉しく思います。


そこで、個人的に買いたいと考えているバンガードのETFと米国株式市場の主要指数であるS&P500を比較してみました。

まずは、日用品系セクターのVDC。
(2004年設定)

4edd4560

次に、医療系セクターのVHT。
(2004年設定)

ef5f66c4

そして、米国市場全体のVTI。
(2001年設定)

ba5f9e51

どれも悪くなさそうな感じですね。長期的にはS&P500に勝ち越せそうな気がします。もちろん、過去のパフォーマンスが未来を保証する訳では決してありませんし、期間によってはどうなるかわかりませんが…

なので、今後はポートフォリオにおけるこれらのETFの比率を上げていきたいと思います。

日用品系や医療系以外のセクターについてはVTIで市場全体をカバーしつつ、金融や鉄道等の欲しい銘柄は個別で買っていきたいと考えております。