きーぜるの雪玉ころころ。

AMZNとともに生きる

投資

何度も繰り返し読む本





2017年1月発行ですが、上昇相場の年に出会えて本当に良かった本です
1500円ですが、2000倍以上のお金になって戻ってきました。


ピーターリンチ、バフェット、マンガー、マルキール、ボーグル、チャールズエリス、その他色々と読みましたが、自分にはこの本が一番しっくりきますね


投資と投機は違うと言ってしまえばそれまでですが、その考え方は個人的にとても参考になりました



リバモアは四業種に絞って銘柄をウォッチしていたようですが、自分もそれに近いものがありますね


超偏食ポートフォリオなので、メインは多い順で

  • ハイテク
  • ヘルスケア
  • 金融関連
  • 生活必需品

この辺の銘柄で勝負しています


だから他のセクターはそれほど気にした事もなかったのですが、最近は資本財を調査したりしてます(ボーイングすごいね)


今後上記以外のセクターで追加するとしたら素材と資本財からで、公益(除く水道)、通信、エネルギー、消費財は完全無視ですね



こういう投資アプローチだけが全てではないというのはわかってますが、リバモア的手法は自分に多少は合ってるかなと思ってます



撤退するセクター




脱炭素革命の衝撃でも触れられておりましたが、この流れは加速していく可能性大だと思ったので、まずは水道以外の公益セクターは撤退します










労働分配率と内部留保 配当金

IMG_4612


ピケティ氏が散々言っていることですが、そういう記事があったので改めて。


IMG_4603



さらに加えて給与所得はどかどかと所得税住民税社会保険料が引かれるわけでして、



images (3)


やっぱり多少無理してでも資本収益率増加の恩恵を受けられるようにしておかないと…


労働は資本家の恩恵を受ける為の種銭確保手段と割り切っていかないと、やってられません。結局労働というものにたいして自己実現なり生活の基盤を置こうとするからおかしなのことになるんですから


でもやっぱり会社行きたくないの


年始雑感 投資編




株式だけだとまだですが、債券預金貴金属全部足して2000万は達成してるので次は3000万!なんて馬鹿な事は申しません
(もちろん、全てはベゾスさんのおかげですけどね)


かといってほとんどが低配当無配株打線なので配当再投資するほど配当もありません


含み益を毀損しない程度にちょっと短期で立ち振る舞ってみたりもしたのですが、自分には非常に向いてないことがわかりました。


個別株に関しては自分の感性でもって良さそうだと思ったビジネスモデルを保有する、これに尽きるのかなと思います


というわけで、まず今年買い付けるのはETF主体にして、個別株への意識を以前よりは落としていきたいと思います


今のところは大概うまくいってますけども、発掘した銘柄が結局ダウ平均に負けてたっていう経験も無くは無いので、昨年王道と言われるS&P500でさえもダウ平均株価に負けてたという事実はやはり受け止めないといけないなと思います


同じ資本財のくくりでもゼネラルエレクトリックをボーイングがカバーしてくれたではありませんか


超絶高PERポートフォリオなのでその辺を強化してもいいのかなと思いました







嗜好用大麻解禁期待銘柄



カリフォルニアで解禁だそうです





マーケット自体はどんどん拡大していく見込みのようです



こんなニュースもありましたよね





私自身はたばこそのものは大嫌いですが、去年下がっていたアルトリアを大麻解禁期待で買い増しておきました。


なので、一応大麻解禁に向けて保有しているのはこの2つですね。もちろん、先の事はわかりませんが…




四季報ちゃん
ブログ村
おすすめの本
ギャラリー
  • 労働者としての失敗と投資家としての成功
  • 労働者としての失敗と投資家としての成功
  • 労働者としての失敗と投資家としての成功
  • 個人的に好きなリバモアの格言
  • 個人的に好きなリバモアの格言
  • 個人的に好きなリバモアの格言
  • 今年のカレンダー
  • 今年のカレンダー
  • 銘柄発掘をする意義
カテゴリー
~ブログタイトルの由来~
このブログのタイトルは、バフェットのこの言葉から着想しました。

“Life is like a snowball.
The important thing is finding wet snow and a really long hill. ”

― Warren Buffett
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文