きーぜるの雪だるまころころ。

AMZNとともに生きる

投資

なぜ私は新高値更新銘柄に注目するのか

53017006-FACE-4DD4-97F2-7DEB621A8099



無駄に知識はありますが、テクニカル分析が役に立った記憶もありませんし、ウィリアムオニール流の単なるトレンドフォローの全てが正しいとは決して思いませんが、一応の理論的根拠を求めるのであれば、こんな感じです




149369CC-7FF3-44F4-A2D9-B13BD25E3271


768197DC-5962-4588-AAB6-367CE3FCAC47


7B1FBC8A-D02C-4FFE-8BBB-AA606E2EFA39



自分の思った通りにマーケットが動くであろうと強引に考えるよりは、むしろマーケットの動きに合わせつつ、それでいて事業内容に夢を見つつ、そんな感じでやっております


ただ、こういう手法でいくと去年の11月〜12月の時の様な事が起きると何も出来無くなりますので、そこもまた課題であります

本日の新高値更新銘柄

CC663AE7-2F36-42C9-9F6B-25337820C00E



ブログネタが無い時は新高値更新銘柄です

忙しいのでゆるして


58807E9D-95E3-43EB-947B-C34F136E6397



アフラックは日本郵政がどうのこうのとダイヤモンドか東洋経済で読んだけどなんか興味がちっともわきませんでした

投資に対する心境の変化

645975A2-EC00-46B5-A01B-B917AD93353D




初期の頃は確かにそういう時もありましたが、インデックス投資家がよく持ち出してくる想定リターンとか、ブレークイーブンインフレ率とか、指数を用いたあーでもないこーでもないという定量分析ごっこにも興味がまるでないんですよね


また、それっぽい指標を持ってきてみて米国株か日本株かという言説を読む気さえ一切ありません



あるいは、個別株にしても連続増配だ高配当だというのにも興味がもてなくて、どうしてそんなにタバコに興味を持ち続けられるのだろうかとも思うんですね



自分の場合は、自分の保有している銘柄が世の中をより便利に、快適なものに変えて欲しい、そしてそういう銘柄を買い集めていきたい、最近はそういう考え方に変わってますね


そのような観点からすると、テクノロジーとヘルスケアが大きな投資テーマとして上がってくるわけであります


もちろん、それ以外にも面白そうだと考えたあれば少額でもまずはポジションをとってみる、そんな感じです





昨日買い戻した銘柄

DA9F37CE-0535-4A50-A7B5-55D597D7AD2E



マネックス証券の時に保有していた銘柄を買い戻しました
(今はSBI証券)


こちらの銘柄です
B79AD923-A2C3-49EE-9119-80C976C2F198



簡単に説明致しますと、米銀を保有していない弊ファンドにおきまして、こちらの銘柄は銀行/クレジットユニオンのつるはしビジネス的なポジションを狙ったものであります


SBI証券も銘柄拡充してくれてますので、少しずつ買っていけたらと思います(お金が無いので)


体調が良くなって来たのが土曜の午後とか悲しくなりますね

しんどい1週間でした


新高値更新銘柄

C3F508A3-95DB-4508-B541-E792699BBF96



マイクロソフトに是非ゾンアマも続いてほしいの




本日の新高値更新銘柄

E1E07193-14E9-4B03-AA42-A0A4F8673256



明日休ませてもらえることになりました


良くなってはきてますが帰る度に寝てるだけなので情報収集能力が落ちてます故また新高値更新銘柄でお茶を濁します


ゆるして


9E6AFE14-13FC-47A0-B0C1-82C791765861


9727332B-40C4-4F06-835B-8B096392062A



多いですね
いつも弊ファンドからこの銘柄が〜というのも面白くないでしょうからやめますが、ELはプライベートブランドとかにやられてしまいそうな予感がして売ったので悲しいばかりです
一つの教訓としておきます

Amazonベーシック 電池
Amazonオリジナルグッズ
ブログ村
おすすめの本
ギャラリー
  • 光回線解約手続きが完了
  • なぜ私は新高値更新銘柄に注目するのか
  • なぜ私は新高値更新銘柄に注目するのか
  • なぜ私は新高値更新銘柄に注目するのか
  • なぜ私は新高値更新銘柄に注目するのか
  • 紙不足
  • 紙不足
  • 自分が敵わない人達
  • 自分が敵わない人達
カテゴリー
~ブログタイトルの由来~
このブログのタイトルは、バフェットのこの言葉から着想しました。

“Life is like a snowball.
The important thing is finding wet snow and a really long hill. ”

― Warren Buffett
記事検索