2016年05月

殿、利息でござる!を観ました




この作品は予告を観て個人的に気になっていたので、観てきました。なかなか楽しめました。


当時の利息は1割ぐらいだったそうですが、今は低金利どころかマイナス金利ですからもう訳わかりませんね…

マルチの勧誘を受けた話



ツイッターでマルチの勧誘のマニュアルみたいなものが流れてきたので、書いてみようかと思います。


この前いきなり中学の同級生から連絡があり、なんか会って話そうみたいな感じだったので、待ち合わせてみると、日用品のカタログのようなものを見せられて勧めはじめました。


生活必需品セクターの知識は人並み以上にはあるつもりなので、消費者としてはPGやUL等の製品で十分間に合ってるよと答えたら、販売にも携われるからどうのこうのとかよくわからないことをぐだぐだ言われたので、おおじゃあAMZNとかCOSTの株を買えばいいじゃんかと言ったらもういいよと何も言われませんでした。もう2度と会う事はないでしょう。まったく!



いくらコミュ障とはいえ、これでも米株投資家の端くれですからね!ナニワ金融道にありましたが、マルチは人間関係の現金化とはよくいったものです。




まあ普通に考えて本当に絶対儲かる話なんて他人に話しませんよね…






似ていると言われたことがあります



サッカーは詳しくありませんが、職場で角度によってはメッシに似ていると言われました。画像検索をしてみたのですが、口まわりの感じとかがなんとなく似ているような気もしなくもないのですが、やっぱり似てないですね…

組織の掟を読みました




社内の中で苦しんでいる今の状況において、ドンピシャな本だったので、読みました。


佐藤優氏の既刊で述べられていた内容も含まれておりましたが、改めて組織の中で生き延びるという術を認識し直すことが出来ました。


第2章の組織の従属術は実践的なもので、非常に役に立つと思いました。正面衝突は極力避けるべきですね。上手く立ち回りたいものです。



また、この新書のなかで興味深かったのは、第3章の組織の分析術で紹介されている、「スパイ適性テスト」でした。


私は無害な弱者でしたww普通より下www


まあ仕方ありません。弱いなりに戦略を練っていくしかありませんね。

進め!東大ブラック企業探偵団を読みました




この本はネットで紹介されていて興味がわいたので読んでみました。なかなか読み応えのある本でした。


個人的には財務とか会計の知識が株関連の知識しか無いので、参考になりました。作者はメガバンクを良く思ってないのかなw


まあ財務が優良だからといって必ずしも良い会社だとは決して思いませんけどね…


うちの会社なんかその典型例ですから。



ギャラリー
  • 肋間神経痛
  • 肋間神経痛
  • バフェットのIBMインタビュー
  • スティーブジョブズの最期の言葉
  • スティーブジョブズの最期の言葉
  • スティーブジョブズの最期の言葉
  • スティーブジョブズの最期の言葉
  • スティーブジョブズの最期の言葉
  • NEWGAME!!9話感想
記事検索
おすすめの本
ブログ村
カテゴリー
~ブログタイトルの由来~
このブログのタイトルは、バフェットのこの言葉から着想しました。

“Life is like a snowball.
The important thing is finding wet snow and a really long hill. ”

― Warren Buffett
メッセージ

名前
メール
本文