きーぜるの雪玉ころころ。

安月給だけど米国株で資産形成がしたい!!あと日記も書きます!!

2015年04月

私の使っているクレジットカード

  私の使用しているクレジットカードはポケットカードという会社が発行しているP-oneカードです。

学生の時に申し込んで、それ以来ずっと使用しています。

このP-oneカードの凄い所は、請求時に自動的に1パーセント割り引いてくれる所です。

クレジットカードを作る時に色々なカード会社のカードを検討しました。確かにポイント還元率1パーセント以上のクレジットカードもありますが、ポイントが貯まるタイプのクレジットカードよりも、私には請求時に自動的にキャッシュバックしてくれるほうが圧倒的に良いと思いました。私の場合どうしても、ポイントが貯まるタイプだと、ポイントを意識してしまいます。わざわざポイントを得るために余計に消費したりするのは本末転倒だと思ったからです。また、ポイントを管理するのも面倒ですし。

なのでP-oneカードで支払いをすると、例外はありますが、公共料金等も基本的に1パーセント引きになるので、おすすめです。これからさらに消費税も上がりますので、家計防衛術の一つとして、参考にして頂ければと思います。

マクドナルドでふと考えたこと

8e2f8c8d.jpg


先日、休みの日にたまたまマクドナルドに行って、昼食をとっていたら、ちょうど数人の小学生グループがニンテンドー3DSとiPhoneを持って遊んでいたのをみて、時代は変わるものだなぁとしみじみ思ってしまいました。

私は家が非常に貧乏でしたので、ほとんど欲しい物は買って貰ったことがありません。ちょうど小学生の時に初代ポケモンが流行っていて、親にどうしても欲しいと泣いてねだってゲームボーイポケットとポケモン青を買って貰ったぐらいですね。

テレビも家にありませんでしたし、マンガも買った記憶がありません。近くの医院に行った時だけ、待合室に置いてあるジャンプマガジンサンデーをむさぼり読んでました。

携帯電話に関していうと、中学時代に同級生で持ってる人はほぼいなかったですね。

高校では大体携帯持っている人と持ってない人が半々ぐらいだったと思います。県内有数の進学校だったので、厳格な親が多かったせいもあるのでしょうが。

私が携帯を持ち始めたのが、高校3年の受験の時ですね。ドコモのFOMAでした。当時は携帯代はやむなく親に出してもらってました。スマートフォンは大学生になってからSoftBankのiPhone4が初めてです。バッテリーがすぐ切れるのが難点でした。

確かにスマートフォンは便利ですが、月約6000円は決して安くはありません。家計への負担が多すぎて私の家だとしたら小学生からは絶対に持つことは不可能だったと思います。

なので、ある意味においては、携帯がまだそれほど普及していないうちに学生時代を終える事が出来て良かったと思ってしまいます。これは実際に経験した事がある人にしか分かりませんが、小中学生ぐらいの年に周りが持ってるものを自分だけ持っていないというのはやはり惨めなものです。自分だけ連絡手段がないというのは辛いのではないかと思います。

まあ結果として、欲しいと思った物が基本的に手に入らない環境で育ってしまったので、良いか悪いかはともかく、ほとんど物欲の無い人間になってしまいました。

その代わり、お金が無い生活の辛さや惨めさは人一倍わかっているので、お金に関する思い入れは並大抵のものではありません。

お金がある不幸よりも、お金が無い不幸のほうが悲惨なのですから。




馬車道のピザ食べ放題に行ってきたよ

398d70f2.jpg

SHIROBAKO第16話で、小笠原さんと井口さんとおいちゃんとえまちゃんが馬車道がモデルになったお店に行くシーンを観て、確か同一県内に馬車道という店があったのを思い出したので、先日実際に行ってみました。ちなみに作中では牛車道になってましたね。ネットで調べてみると、花小金井店が作中のモデルになっていたみたいですが、閉店してしまったみたいです。

私が入った時間帯は、ピザ食べ放題をやっていて、幾つかのセットメニューから選ぶ形態になっていました。



297e6198.jpg


私は一番安い1240円のセットメニューを選びました。

最初にピザ食べ放題のシステムを店員さんに説明してもらいました。

テーブルの上にある札で意思表示をしておくと、そのテーブルに焼き立てのピザを店員さんが持ってきてくれるというシステムでした。

食べたい時にはこちらを向けて置きます。

a8bd52ec.jpg


お腹一杯になったらこちらを向けて置きます 。


4221ca9f.jpg


私はパスタをメインに選びました。美味しい!


4d466428.jpg


こんな感じの出来立てのピザが運ばれてきます。

d074ef16.jpg


ピザの生地はパリパリの薄めなので、食べやすくできていました。ピザは色々なバリエーションがありました。個人的にはトマト系のピザが美味しいと思いました。

札の写真にもあるように、デサートピザというのもあって、つぶあんとかチョコレートとかリンゴのピザもありました。

リンゴのピザがアップルパイみたいで美味しかったですね。



220416ba.jpg


店内の雰囲気は大正時代っぽくなっていてお洒落でした。アニメの画像にあるような制服を店員さんが実際に着ていて驚きましたね。実際に飲食店で働いた事がある身としては、ちょっと動きにくそうな気もしました。

出来立ての状態で色々なピザが食べられるので、こういうシステムは良いと思いました。


第二外国語はドイツ語でした

4d1466f8.jpg


私は大学時代の第二外国語ではドイツ語を選択しました。Kiesel(きーぜると発音します)という名前もドイツ語から選んでつけました。石ころとか砂利とかを意味する名詞です。特に深い意味を込めている訳ではありませんが…

フランス語は日本人には発音が難しいときいてましたので、頑張っても成果が出にくいかなと思い、また力強いドイツ語の響きに憧れたというのもあります。気質が日本人と似ているというのを聞いて興味を持ったというのもありますね。

実際に学んでみると、語順や活用は日本語と似ている部分もあるかなと感じました。ただ、英語とは異なり、男性名詞や女性名詞、中性名詞があり、動詞や形容詞の活用も多く、そういった点が難しく感じました。

そう考えると、日本人にとっては英語のほうが学びやすいというのもわかります。

所詮は大学の基礎科目レベルにすぎませんが、ドイツ語の成績は良かったので、語学以外の授業でもドイツ関連の科目は四年間履修しました。割と少人数の講義で、ドイツ語の歌を歌ったのはなかなか面白く感じました。

なので、日常生活でドイツ語の単語がででくると、あっこれドイツ語だ!とすぐに頭に浮かびますねー。

お好み焼き粉でピザ風おやき!

ホットケーキミックスがなくなった後、お好み焼き粉を業務スーパーで買ってきたのですが、お好み焼き以外のレシピにチャレンジしてみました。

材料 (4個分)

お好み焼き粉  100g

水  50ml

オリーブオイル 小さじ1

ウインナー 3本

とろけるチーズ 2枚

ピザ用ソース 適量

オリーブオイル(焼く用) 小さじ1




74498893.jpg


具材を細かく切ります。

5c9185ee.jpg



お好み焼き粉、水、オリーブオイルを混ぜていきます。

eccdb06a.jpg


はじめはスプーンで混ぜて、ある程度混ざったら手でこねていきます。

63adf3d9.jpg


うまく固まるように水加減は微調整しました。

641efe5c.jpg


生地が出来たら4等分にします。

7fcca15a.jpg


平たく伸ばします。

ff77acf5.jpg


具材を乗せて包んでいきます。

702c04d9.jpg


包み終わったものがこちらです。

f5d41ed8.jpg

少し平たく形を整えて、オリーブオイルをひいたフライパンで、中火で焼いていきます。

ec0d090f.jpg


焦げ目がつくまで焼いたら出来上がりです。

ee42fe0c.jpg


完成したものがこちらです。

b4e04875.jpg


食べてみた感想としては、おやきというよりはピザパンにかなり近くなってしまったかなといったところです。もっと生地を薄くして包んだほうが良かったかもしれません。




ギャラリー
  • デルのパソコン
  • Painful life
  • 株を買いたくなる時
  • 2017年3月の給料
  • 新しいパソコンが届きました
  • 消費者として納品先として投資家として
  • 消費者として納品先として投資家として
  • 疲れ
  • くりっく株365ダウ 個人的軽くまとめ
カテゴリー
~ブログタイトルの由来~
このブログのタイトルは、バフェットのこの言葉から着想しました。


“Life is like a snowball.
The important thing is finding wet snow and a really long hill. ”


― Warren Buffett
メッセージ

名前
メール
本文