個別株投資をしている身としてはボラティリティは抑えてなんぼだと思っているので、小型株ETFを用いることにより個別株のリスクを排除した上でボラティリティの高さを享受していくという発想は面白いと思いました。


ただ、ドルコスト平均法とかインデックス投信積立(笑)とかの考え方が個人的に好きになれないのは、指数が長期で右肩上がりだという大前提が正しいならなんでわざわざちまちま買うんだと思ってしまうんですよね


今はお金がないから積立→なら投資なんかしないでまず資金貯めろ

お金はあるのに積立→指数が右肩上がりだと信じるならまとめ買いしろよ


と思ってしまってまあああいうのは自分にはよくわかんないや


自分がそれこそインデックス運用するなら NISAでETF買ってほったらかしです


インデックス運用なんてどうせつまらないんだからそこに深い意味を見出すくらいなら個別株買っときゃいいのよ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村