このイタリア映画はTwitterで流れてきて日本では放映不可ということで、ネットで3月11日から無料公開されていたので、思わず最後まで見入ってしまいました。



確かにこの内容では日本で放映不可というのは非常にわかります。日本のメディアを通しての原発事故と、外国人がとらえた原発事故では全く違うことがよくわかります。原発事故が物凄くリアルに伝わってきてゾッとしました。この映画を観た後色々気になって調べてしまいました。



こんなブログで政治的なことを書いても仕方ないのですが原発はない方が良いと思います。原発をやめたドイツが羨ましいですね。発電コスト?原油価格のチャートを見てみろってもんです。



弱小投資家ですがたとえ機会損失であっても投資においてもそういう銘柄で儲けても嬉しくありません。(具体的な銘柄への言及はやめておきますが)


所詮はセカンダリーマーケットに資金を投じた所で直接その企業にお金が行く訳ではありませんが、自分の納得のいく投資がしたいです。どこまで自己矛盾を許容するかは人それぞれですが…そんなこというならお前の持ってる銘柄だってと言われそうですが。



頭空っぽにして配当だけ、インデックスだけを見ていて投資できるならそれはそれで一つの投資法でしょうしそれで儲かって幸せになれるなら良いのでしょうが、私にそれは出来ません。