ええタイトル通りです。処世術というのは大袈裟ですが…


私の会社内の今のポジションは以前に書いた時(自動倉庫)とは変わりまして、各業者が各荷主の小口の注文を処理する部門の責任者をしております。



なので、以前とは異なり自分で動いて物を動かすという訳ではなく、人を動かしてナンボの世界なんですよ。自分がやることといえば、仕事に必要な備品の供給や外部との調整ですね。ですから、業者の社員やパート、バイトとのやりとりが勿論発生する訳です。


でも自分自身はコミュ障の口下手なので、最初の半年は地獄なんて物ではありませんでしたよ。つらいつらいとブログにも書いてたのでその頃は本当に気が狂いそうでしたから。(もちろん今が辛くないとはいっていない)



人を動かすっていうとまあこの本は有名ですよね、


考え方としては納得できますが、だからと言って、自己啓発本読んだところで人間そう簡単には変われるもんじゃあございやせん。


どうしたらいいんだとまあ確かに色々と悩みましたが…


自分自身がそもそも業務の細かいことなんて把握できようがないですし、(本当に細かいんです)ましてや下らぬルールを決めたり、前職のようなそこら中に馬鹿げた掲示をベタベタ貼ることに意味があるとは思えませんでしたから。やっぱり性悪説よりも性善説を信じたいという思いもありますし。



よく報告、連絡、相談なんていいますが、そんなことしたところでクズばっかなので、お前はそんなことも出来んのかとか言われて実に不愉快な思いをするだけですし、もう吹っ切れてしまいました。今でも恨んでるけどな!


なので、もう最近は報告、連絡、相談は極力最小限にとどめて、どうせ自分が介入したところで役に立たない場面も少なくない為、もう思い切って完全に業者に責任は自分がとるからと丸任せし、トラブル発生時には自分だけで対応できる案件ならそれっきりにしております。必要なら事後報告で、そして場合によっては隠蔽工作を、まあ、多少はね?


なので、普段私は会社では水しか飲まないのですが、事務所の冷蔵庫の中には自分では飲まないジュースやコーヒー、お菓子をプールしておいて、定期的にばら撒いたり、ここぞという時に渡したりしています。全て完全自己負担ですが、ディスカウントストアって本当にありがたいですね。


これで業務が円滑に進んで尚且つ最悪辞めることになるリスクを少しでもヘッジできると思えば断然安いものです。年収失うほうが大ダメージですからね。(といってもたいして貰ってませんが…)口下手である以上、別のところでリカバーしていかなくてはいけませんからね。


他部門の係長に黒いねえと言われたことがありますが、黒いくらいじゃなきゃここじゃあ生き残れませんよ!思わず言い返してしまいましたから。


それでもやっぱりジュースでもコーヒーでも喜んで貰ってくれるのは嬉しいものですね。