>現実の市場において,1/N のパフォーマンス が CW を上回るという観測結果は広く知られ て いる。 例 え ば,DeMiguel et al. (2009) は, 株 式に限らず幅広いユニバースを対象に,1/N が CW や他の投資法と同等以上のパフォーマンス を示すことを報告した。Hamza et al. (2007) は, 先進国の株式市場指数からなるポートフォリオ について,シャープ・レシオの点で 1/N が CW GDP 加重ポートフォリオを上回ることを示 した。Chow et al. (2011),山田 (2012) によれば, 1/N のパフォーマンスは Arnott et al. (2005 )の ファンダメンタル加重ポートフォリオと大差な いとされる。

1/N という投資法には何ら理論も特別の情報も必要としないことから,これらは資産運用業界にとって不都合な結果といえる。

(引用終わり)



S&P500の等金額ETFは通常の時価ウェイトのS&P500よりもパフォーマンスが良いみたいです。


20銘柄ぐらいの自分の決めた銘柄で等金額ポートフォリオを組んでいくというのも案外悪く無いのかもしれないですね。

 

この感覚なんかに似ているなーと思ったら、そうだ、ポケモンですね。


好きだからこそ育てられる(買い増せる)といったところでしょうか。指数だけ見てあーだこーだ言うことに意味があるとは思えないので。



にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村