今日は楽しみにしていたガルパンの劇場版の公開日でしたので、早速観てきました。


いやあ素晴らしい出来でした!この内容なら遅れるのも納得してしまいます。取り戻せというのがどういうことなのかやっと判明しましたね。


作画•CG•音楽•脚本どれもが良かったですね。まさにストーリーも王道といったところでしょうか。今までのTVシリーズのことを思い出して途中で何度かうるっときてしまいました。


特にTVシリーズではあまり触れられてなかったみほ•まほの姉妹関係が描かれていたのも良かったですし、OVAでしか出番がなかったアンツィオメンバーが大活躍していたのも良かったですね。


また、会長の器の大きさに驚かされました。人の上に立つということはどういうことか改めて考えさせられてしまいましたね。こんなトップだったらどこまでもついて行きたくなってしまいます。


そして、今までのライバル校が集結するシーンは鳥肌が立ちましたね。一番好きなシーンです。


新キャラだと、知波単学園の西隊長が個人的にたまりませんでした。やはりああいう裏表のない一途なキャラが好きなんですよね。



劇場版前売り券は公開前に2枚買っておいたので、またもう一度観てきます!



今回の劇場版特典はサンダースのケイと聖グロリアーナのダージリンでした。



水島監督こんなに素晴らしい作品を世に出してくれて本当にありがとうございます!!


超貧乏だった今までの分を取り返すという訳には到底いきませんが、自分自身が楽しいと感じたり、生き甲斐を感じるものには予算内においてはお金をかけてもいいと考えております。ただ明確な目的もなく貯め込んでても人生つまらないですし、過ぎた時間は絶対に取り戻せませんからね。この辺の考え方は数年前とは変わってきております。それだけ以前よりは精神的に安定してきたということなのかもしれませんが…


また予想以上に目が疲れてしまったので、次回はメガネをかけて観てこようと思います。右目の視力が0.1以下なのでどうしても左目に負荷がかかってしまって疲れてしまうんですよね。


あと、これは自分が全面的に悪いのですが、映画を観る前に洒落たものをと思いカフェオレを買って飲み、映画前半で劇場で買ったコーラを飲んでしまったせいで終盤は大洗女子学園以上に自分自身との戦いになってしまい集中して観れなくなってしまいました。非常に残念です。


普段飲まないのにもかかわらず調子に乗って利尿作用のあるものを飲んではいけない(戒め)