ピケティ教授が21世紀の資本で解き明かしたように、資本収益率は経済成長率を常に上回るとされていますね。


確かに実感としても非常に納得のいくものだと思います。なので私は少なくとも給料が入り続ける限りにおいては、うまく節約して株式に投資し続けたいと考えております。


ただし、どのような形で株式市場にアプローチしていくのかが最も資金効率が良いのかは非常に難しいですね。もちろん、何も考えずに丸々VTIに身を委ねるというのも決して悪くはないと思いますが…


なので、とにかく自分の頭で考え得る限りにおいてその時その時の最善を尽くしていくしかありませんね。


例えばダウ平均に採用されているような一流企業に入社するのは容易なことではありませんが、お金さえ出せば株主になることはできるのですから。