少し遅くなってしまいましたが、ようやく見終わりましたので、2015年夏アニメの感想を書きたいと思います。


今期観ていたアニメは、

  • 干物妹!うまるちゃん
  • のんのんびより りぴーと
  • それが声優!
  • がっこうぐらし!
  • 監獄学園(プリズンスクール)
  • WORKING!!!
  • モンスター娘のいる日常
  • シャーロット
です。


干物妹!うまるちゃん

うまるちゃんはヤングジャンプ連載開始時からとても好きな作品だったので、アニメ化ということで、世間にうまるちゃんの面白さが伝わって嬉しかったです!
私は個人的に世間でいういわゆる妹物といわれるような作品がまるで受け付けないのですが、うまるちゃんに関しては、サンカクヘッド先生に実際に妹がいらっしゃるということも要因としてあると思うのですが、妹物でありがちな兄妹間での性的に非常に気持ちの悪い感じがなく、とても自然な感じの兄妹の描写が凄く好きですね。
また、原作を読んでいる時にはあまり意識していなかったのですが、アニメが進むうちにうまるちゃんにだんだんお友達が出来ていくのがなんかたまりませんでした。特に、きりえちゃん絡みのエピソードが大好きです。あのコミュ障っぽい感じが自分と重なってしまうんですよね。原作を既に読んでいるため、エピソードを改めてアニメで追っかける形になってしまいましたが、作画やOP/ED、そしてうまるちゃんをなさっている声優さんの演技が素晴らしく、毎週楽しみにしておりました。おまけのうまるちゃんSも凄く良かったです!個人的に今期のNo.1ですね。


のんのんびより りぴーと

こちらは一期を観た時にとても良かったので、欠かさず視聴しておりました。相変わらずのんのんびよりは背景が素晴らしいですね。こんなところに住みたいなあと思ってしまいます。みんな優しくてそして楽しくていいなあと思いつつ、改めて自分の育った環境はつくづくひでえものだったなあと惨めになってしまうんですけどね…一期の時はこまちゃん可愛いなあと思っていたのですが、二期はなっつんが可愛いと感じました。


それが声優!

これはSHIROBAKOの二番煎じっぽいなあと最初見たときに思いましたが、こちらのほうがリアルに寄せていて、挨拶に回るシーンとかは観ていてつらくなる部分も少なくなかったですね。声優って本当に大変なんだなあと思いつつもやっぱり凄いんだなあと感じました。一社畜としては仕事が多いと嫌になりますが、仕事があるというのは有り難いことなのかもしれないなと思ってしまいます。


がっこうぐらし!

この作品は全くの未知だったので、1話を観ていて、なんだかありふれた日常物でつまらないなあと思っていましたが、1話の最後まで観て、だんだん引きずり込まれましたね。極限状態での日常生活ということで、シリアスなシーンと日常的なシーンがとても対照的な作品でした。いつシリアスが来るのか観ていて怖かったです。働かないアリに意義があるというかなんというか、組織の中で全員が同じタイプで真面目なことにより負の感情が増幅してさらに危険なことになることは多いと思うのですが、組織として長く生き残るためには多様性に富んだ人員構成は意外に大事なのかななんて、そんなくだらないことを考えてしまいました。個人的にはくるみちゃんが好きですね。


監獄学園

下ネタだらけでしたが、あのくだらない感じが良かったですね。OPとEDの曲が好きです。原作を読んでみたくなりました。


WORKING!!!

こちらは三期ということで、一期や二期に比べると、恋愛や伏線回収にフォーカスが当てられていてまだるっこしく感じました。一期や二期の時ほどは楽しめなかったのがちょっと残念ですね。


モンスター娘のいる日常

こちらは人外ということで、ちょっと変わったハーレム物だったなあと思いました。


シャーロット

ずいぶんゲスい主人公だなあと思っていましたが、面白かったです。最後の急速な展開に戸惑ってしまい、ついていけませんでしたが…


ちなみに途中まで観ていたのが

  • 下ネタという概念が存在しない退屈な世界
  • おくさまが生徒会長!
  • Classroom☆Crisis

ですね。


今期は豊作だったので、気になるアニメを全部追っかけるのは難しかったですね…


今年の夏を乗り切ることが出来たのはうまるちゃんのおかげですね!もう会えないのがとても寂しいです…




うまるちゃんOPのこのシーンが大好き過ぎてなんども観てしまいました。