3%シグナル投資法を読みました





個別株投資をしている身としてはボラティリティは抑えてなんぼだと思っているので、小型株ETFを用いることにより個別株のリスクを排除した上でボラティリティの高さを享受していくという発想は面白いと思いました。


ただ、ドルコスト平均法とかインデックス投信積立(笑)とかの考え方が個人的に好きになれないのは、指数が長期で右肩上がりだという大前提が正しいならなんでわざわざちまちま買うんだと思ってしまうんですよね


今はお金がないから積立→なら投資なんかしないでまず資金貯めろ

お金はあるのに積立→指数が右肩上がりだと信じるならまとめ買いしろよ


と思ってしまってまあああいうのは自分にはよくわかんないや


自分がそれこそインデックス運用するなら NISAでETF買ってほったらかしです


インデックス運用なんてどうせつまらないんだからそこに深い意味を見出すくらいなら個別株買っときゃいいのよ

身体が動かない

[画像:2eb197ac-s.jpg]



かといって他に行く所もねえし


過去記事にも書いてますけどもう3社目ですし


朝から晩までずーっと疲れがとれないんですよ




2017年9月の給料

51
続きを読む

疲れる

[画像:89f7f4c4.jpg]


疲労がとれません

保有銘柄上限規制厳格化

[画像:bfcbc058-s.jpg]



以前は50と言いましたが、ETFも買い始めているので40にします。



個別銘柄を際限なく買っていくとポートフォリオが動物園となってしまうとか言う話もありますが、少なくとも米国株式であれば、別に動物園でも水族館でも構わないと思っています。うーがおー


40という数字にこだわるというよりもむしろ、含み損銘柄を放置せずきっちり損出しして切り替えていくくらいの意味合いですね。こういう時は特定口座で買っておいて良かったと思います。損する為に特定口座で買っている訳では決してありませんが…


ポートフォリオにおけるAMZNの比率が高いので、Amazonがどの方向に攻めていこうとも、攻められる側に投資するよりは、ある意味気楽といえば気楽ですけども、その上でまた新たなる投資戦略を練ったり実行している最中ですね










ギャラリー
  • 投資のアイデアはあるけれど
  • オープンで誰でも戦える世界
  • 何故、個別株投資は市場平均に負けるのか
  • 生活必需品セクター再考中
  • 競馬関連銘柄
  • 競馬関連銘柄
  • 競馬関連銘柄
  • 自己肯定感がない
  • 自己肯定感がない
記事検索
おすすめの本
ブログ村
カテゴリー
~ブログタイトルの由来~
このブログのタイトルは、バフェットのこの言葉から着想しました。

“Life is like a snowball.
The important thing is finding wet snow and a really long hill. ”

― Warren Buffett
メッセージ

名前
メール
本文