きーぜるの雪だるまころころ。

AMZNとともに生きる

2015年冬アニメ個人的感想

0eb172ed.jpg


私の観ていた2015年冬アニメが最終回を迎えたので、今回は個人的な感想を書きます。といっても三本しか観てませんが…

ブルーカラー系の社畜なので平日は本当に心身ともに疲弊しきっていて何もやる気が出ないので、昼寝して疲れがとれた土日の夜しか観る時間がとれません…

2015年冬アニメで私の観ていたアニメは、幸腹グラフィティ•艦隊これくしょん•SHIROBAKO2クール目です。

それでは個人的な順位をつけながら書いていきますね。

第3位

幸腹グラフィティ

正直に言ってしまうと、本編よりも次回予告のデフォルメされたキャラのキレのある動きと食べる〜つくる〜の曲のインパクトが凄く強かったです。内木さんのピザの回が良かったです。内木さんの内気なキャラがまんま自分のことのようで、深く感情移入してしまいました。

第2位

艦隊これくしょん

艦これは以前からブラウザゲームの方をやっているので、気になってました。好きな方には申し訳ないのですが、私個人としては、しばふ絵好きじゃないのでしばふ艦全然育ててないんです。でも、アニメの作画は全般的に個人的に好きな絵柄だったのでどの艦も可愛く感じました。艦これでは同じ声優さんが何役も担当してますが、きちんと演じ分けられててすごいなと思いました。さすがプロですね。脚本で色々言われてたりしますが、作画やOPやEDの曲は良かったですし、個人的には十分楽しめました。まあそもそもつまらなかったら最終回まで観ませんし。私の場合はつまらないとすぐ眠くなってしまうんです。業務スーパーにいったらたまたま曲が流れてたのが嬉しかったですね。続編が決定しているので楽しみです。


第1位

SHIROBAKO 

SHIROBAKO に出会えて本当に良かったと思います。ガルパン以来久々に素晴らしい作品に出会えました。あまり好きな表現ではありませんが、神回だらけでしたね。2014年10月から、毎週心の底から楽しみにしていて、私の生き甲斐でした。少なくともSHIROBAKO がやっているうち絶対に死ねないと割と本気で思ってましたもん。毎週TOKYO MXでレコーダーに高画質で録画しておいたのを観て、翌週にニコニコの公式配信でもう一度観てました。個人的においちゃんとえまちゃんが可愛くてたまりませんでしたね。おそらく、この作品を学生時代に観ていたらそこまで感動出来なかったでしょうね。今現在、自分自身が社会にでて働いているため、今までの自分の経験とシンクロしてより一層色々な思いが込み上げてくるというのがあり、何度か号泣してしまいました。みーちゃんが新卒で入った会社辞めるシーンは自分の時のことを思い出して胃がキリキリ痛みましたね。また、小笠原さんがお酒で気分転換できる人ばかりじゃないとハッキリナベPと木下監督に進言したシーンでは、全力で頷いてしまいました。飲めないのに無理やり飲まされて死にかけた営業時代のことを思い出すと今でも心の底から強い憎しみが込み上げてきます。あんな上司が1人でもいいからいてくれたらなと思ってしまいます。勿論フィクションであることは重々承知しておりますが、ああいった職場に憧れてしまいました。個人的には、仕事とは何をするかよりも、誰とするかに大きく左右されるものだと思います。上述した以外のシーンにも、SHIROBAKO には感動させられ、色々考えてしまいました。

半年間、日常生活においてSHIROBAKO が大きなウェイトを占めていたので、今はもうSHIROBAKO がもう見られないという喪失感が半端ないです…

元々物欲はない方ではありますが、予算の目処がついたらちょこっと色々欲しいなと久々に思ってしまいました。


2015年冬アニメの個人的感想はだいたいこんなところです。ほとんどチェック出来てないというのが現状なので、時間がとれる時に今まで見れなかった作品も観たいです。また素敵な作品に出会えるといいな…

なれる! フォークマン!

05aae716.jpg


私は新卒で入った大手企業を辞めてから、そういう方面のお仕事は自分にはまるで向いていないと心底思い知りました。

そのためブルーカラー方面で生き延びるしかないと思い、辞めて1か月程無職の時に、フォークリフトの技能講習を教習所に受けに行きました。とにかくあの時は必死でした。

私の場合は、普通免許は学生の時に取得していたので、4日間のコースになりました。学科1日、実技3日でした。同じタイミングで受講していたのは確か30人くらいいましたね。色々な年齢の人がいました。費用的には確か4万円ぐらいだったと記憶しています。

1日目の学科は特に問題なく受かりました。要点を絞って教えてくれるので、ペーパーテストで落ちた人はいなかったですね。

ただ、2日目以降の実技は個人的にすごくつらかったです。4班に分かれて交代で乗って練習するのですが、会社でフォークリフトに乗り慣れてから技能講習を受けに来ている人の方が多く、他の方々はすぐにうまくなっていくんです。私は触ったことすらない状態で受けに来ましたので、全然思うように運転出来ませんでした。しかも、教習所のフォークリフトはマニュアル式のカウンターフォークリフトだったため、普通免許をAT限定で取得した私はうまくクラッチの操作が出来なくて何度もエンストしてしまい、苦しかったです…

リーチフォークに乗り慣れてしまった今乗ったらさっぱり駄目だと思います。

そのため、朝講習が始まる前の一時間程フォークリフトで練習していいとのことだったので、3日間とも全て練習させてもらいました。お金を無駄にするわけには絶対にいかなかったので、物凄く真剣にやりました。

その結果、なんとか実技試験に合格することができました。いやーキツかったですねー。


もし興味があってこれからフォークリフトの運転にチャレンジしてみたいという方への私からのアドバイスとしては、ハンドルをきったらとにかくすぐに元に戻す癖をつけると曲がった後にフラフラしないですむので、はじめのうちは意識的にハンドルをすぐに戻すよう心掛けると良いと思います。

2015年3月末のポートフォリオ

20150401

個別株を売却してVDC/VHTを購入しました。

WFC 23%
VHT 19%
VDC 19%
CHD 15%
VTI 9%
VOO 7%
UNP 2%
BRK.B 2%
NKE 2%
CVS 1%
V 1%


ETF    計4銘柄
個別株  計7銘柄

合計 11銘柄

評価額合計は3,247,950 円です。

私のお金に対する考え方

43463de1.jpg

今回は私自身のお金に対する考え方について書いていこうと思います。


私は今現在、節約してお金を浮かせては投資に回しております。というのも、やはり会社や業界が斜陽ということもあり、一義的には失業への恐怖というのがあります。


私の勤務先は本業不振による売上減少に伴い、人員削減並びに業務縮小が現在進行形でなされている状態です。一般論として、物流子会社の利益は親会社の損失ですし、単に倉庫に荷物を置いておくだけなら当然人は要らないので仕方ない側面もありますが…


失業したら収入が途絶え、当然のことですが生活が成り立たなくなってしまいます。また、投資は私自身にとっては、仕事をしていて辛い時の精神的支柱としての役割という側面もあります。本人が会社で働いてくたくたに疲弊しているその一方で、当人が保有している世界に冠たる米国企業が、代わりに稼いできてくれるみたいなイメージでしょうか。


お金に全力を傾けるという意味においては学生時代がピークだったと思います。特に一浪してしまったことの焦りと学費の工面という恐怖があり、あの時は、本当に時間さえあればバイトのシフトをいれ、数駅分は定期を買わずに歩いて通学し、学内での昼食は一切食べず、一円単位の節約に取り組んでました。また、マネー系の本や雑誌を大量に読みあさりました。結果として、お金への不安が強烈な原動力となり、豊富に節約や金融商品や経済の知識もつきましたし、留年もせず、奨学金のような債務を抱える事もなく卒業することはできましたが、やはりそんな学生生活で良かったのだろうかと、ふと思う時はあります。どんなにお金をつんでも失った時間は取り戻せません。


質素な生活を続けていて、死後資産を確認してみたら、時価で数億円分の株式を保有していたというニュースをたまに聴きますが、果たしてそんな人生で楽しかったのかな?と私は思ってしまいます。


もちろん、確認できないので分かりませんが、それで本人が楽しいと思える人生だったのなら最高だと思います。しかし、かつての自分がそうだったように、ケチケチ節約して精神的に疲弊するだけの一生では、少なくとも今現在の私自身のように後悔するだろうなと思います。つい最近までは一円からでも無駄をなくそうとしてました。しかしながら、数日前、数百円の価格差の為に自転車で遠くに買い物に出かけてトレーラーに引かれかけてしまったこともあり、考えを改めつつあります。無駄使いを無くすことは確かに大事ですが、最終的に無駄を無くすことを突き詰めると一番の無駄は自分自身の存在ということになってしまいます。究極の節約術は生きるのをやめることですからね。これでは何のために生きているのか分かりません。本末転倒でしょう。


そうは言っても、現実的には、私の能力的に考えても人的資本から稼げる額はもう頭打ちかなという思いはあります。その為何でも好きなようにお金を使っていたら、確実に家計が破綻してしまいます。


だからこそ、限られた収入と時間の中で、効率的に節約/投資しながらも、自分が人生の中で大きくウェイトを置きたいと思う分野にリソースを投下していければ十分だと考えています。



一般論とか他人の意見云々ではなく、自分が本当に価値があると思うものにお金を使っていけばよいのです。

今後の投資方針

a46581e9.jpg


これまでは米国株と米国籍の海外ETFを用いて、20銘柄ぐらいで運用していくという方針でしたが、実際に15銘柄以上を保有してみると、各々のニュースに気を配りながら管理していくのは正直言ってしんどく感じました。元々短期売買をする予定はありませんし…そもそも売買手数料のことを考えると完全にコスト負けしてしまいます。



また、あまり夜遅くなって睡眠時間がとれなくなると本業の仕事の方に差し支えてしまいます。



また、個人的に待ち焦がれていたVDCやVHTが日本の証券会社で買えるようになった事もあり、構成銘柄をコツコツ買い集める必要もなくなりましたので、生活必需品セクターとヘルスケアセクターは主にセクターETFで投資していこうと考えております。その方が一応分散を効かせられますし。




なので、今後は、ETFについてはVDC(生活必需品),VHT(医療),VTI(市場全体)をメインに据えて分散を効かせつつ、個別株に関しては10銘柄くらいに絞り込んでいく予定でおります。

Amazon Music Unlimited
Amazon限定グッズ
ブログ村
おすすめの本
ギャラリー
  • 2018年上期賞与
  • 2018年上期賞与
  • 久々にやらかした銘柄
  • 久々にやらかした銘柄
  • 売り飛ばしてよかったと思う株
  • 売り飛ばしてよかったと思う株
  • 売り飛ばしてよかったと思う株
  • 売り飛ばしてよかったと思う株
  • AMZNの株主兼奴隷
カテゴリー
~ブログタイトルの由来~
このブログのタイトルは、バフェットのこの言葉から着想しました。

“Life is like a snowball.
The important thing is finding wet snow and a really long hill. ”

― Warren Buffett
記事検索