きーぜるの雪だるまころころ。

AMZNとともに生きる

憂鬱



無一文の学生時代から出発し同世代平均よりも間違いなく資産はあると思いますが同世代平均よりもメンタルヘルスは最悪で鬱な日々です。


平日は起きて会社行ってストレスためて疲れ切って帰って寝て、休日は昼寝しておきながら更に夜も寝ているだけの繰り返しです。


貧乏人あがりが小金貯めてみたところで使い方を知らないから食べ物にしかお金使わないですし…お金さえあればというガッツだけでここまで来ましたが、いざある程度目標達成してしまうとなんとも思いませんね。


精神不安が消えるどころか加速する一方ですし…何しても楽しくないし虚しさが込み上げてきてしまいます…会社に行けばゴミとクズばっかですし

上場企業 or 非上場企業




学時代のバイト(2社)、卒業後の正社員(現在3社目)と経験してきましたが、やはり社風というのは違いますね。


大学時代のバイト先と新卒で入社した会社と、その後に転職した会社は上場企業、現在の勤め先は非上場会社です。


一応上場企業勤務というのは一種のステータスなのかもしれませんが、自分みたいなのは非上場会社の陰で細々とやっていくしかないですね…平均年収とか載ってて鬱な気分になるので米国会社四季報以外の四季報は一切読みません。


確定拠出年金2



会社の確定拠出年金の説明会が2月にやるらしいですが、その出欠をきかれました。一応出席と答えました。


なんと自分の課では参加人数2人だけらしいです。このリテラシーの低さですよw


糞溜めみてえな会社なので仕方ありませんね。本社で先に説明を受けた人の話を聞いてみると親会社が導入するからついでに子会社もという事らしいです。


でも親会社と子会社では年収倍以上の差があるから仮にやったとしても節税効果なんて微々たるものですね…


というか定年まで会社もつんですかねえ…

会社いやだ




会社嫌でたまりませんが、他に自分の出来る範囲内の仕事でさらに良い条件のところがある訳でもないですし、仕方ないので行くだけです。物凄くストレスが溜まります。超斜陽なので潰れるまでに一円でも生涯賃金を多く引っ張れればと思いますが…



嫌になったら辞めてもいいというくらい配当所得があればいいのですがそんなのは夢物語です。仮に2000万円高配当株買って年率3パーセント配当を貰ったとしても60万円ですからね。ましてや今持ってるのは無配株ですし…




センター試験の思い出



寒いですね。そうです今年もこの時期ですね。


センター試験は二回受けました。浪人しましたから。もちろん予備校なんて行く金なんてありませんでしたからめちゃくちゃな生活でしたけど…



具体的な数字はすっかり忘れてしまいましたが、英語と政治経済はほぼ満点でしたね。まさに米国株投資家としての素質があった(?)のかもしれません。



にしても人生なんて後悔することばかりですね。貧乏くじだらけの周回遅れの人生でもせめてほんの少しでもいいことがあればと思いますが現実は酷いですね…
嫌なことばっかりですよ
Amazon 世界最先端の戦略がわかる
ジェフ・ベゾス 果てなき野望
ブログ村
おすすめの本
ギャラリー
  • きもめんはつらいよ
  • きもめんはつらいよ
  • きもめんはつらいよ
  • きもめんはつらいよ
  • テスラ
  • テスラ
  • Love & Other drugs を観ました
  • 2018年冬期賞与
  • 2018年冬期賞与
カテゴリー
~ブログタイトルの由来~
このブログのタイトルは、バフェットのこの言葉から着想しました。

“Life is like a snowball.
The important thing is finding wet snow and a really long hill. ”

― Warren Buffett
記事検索