きーぜるの雪だるまころころ。

AMZNとともに生きる

少なくともあと30年



この業界がどうなるのかまったく
先が読めませんし、相当きびしいのは間違いありませんが、少なくともあと30年は食っていかなければいけません。


新卒で入った会社なんかはディフェンシブ系の業界でしたからそうでもありませんでしたけど、労務環境は最低最悪だったので、少なくとも自分につとまる仕事という意味ではここにいることしかできません…


それでも入った当時は今以上に嫌で嫌で転職を模索した時期もありましたけど…


今はどうだか知りませんけど自分の就活の時期は第二氷河期。選んでる余裕なんて全くありませんでした。

 
この業界、このグループ、この会社と一連托生ならそれはそれで覚悟を決めて投資は今以上に加速しておくべきなのかもしれません…


なーんて言ってると暴落が来たりするから思い切れずに現金だけがたまっていってしまうんですけども…



ひとよひとよにひとみごろ




リアルかネットの如何を問わず、腹を立てぬよう、怒りをためぬよう生きていきたいのですが、現実は厳しいですね…


生存バイアス的なものも大いにあるとは思うのですが、ツイッターにせよブログにせよまあ諸刃の剣だと思います。


ツイッターが無ければ今までに知り得なかったことも沢山ありますから情報収集ツールとしてはピカイチだと思いますが、知らないほうが良かったのではと思う事もあるわけでして…


他人の不幸は蜜の味といいますが、反対に他人の幸せ(なふり)を見せつけられて一緒に共感できる奇特な人はそうそういませんからね。


自分だって、何かいいことがあった報告を受けて、おめでとうと思える人は限られていますから。


そう思うようになってからは、食べ物の写真をアップしたりすることに対する批判はよくわかるようになりました。


自分がいかに恵まれた存在か自覚もせず弱者叩きをする連中には天罰が下ればよいのです。


人は人、自分は自分と割り切れる
サウイフモノニ
ワタシハナリタイ

pessimist




全てを悪い方向に考えるのをやめろと言われたのですが、そんな気力がありません。


いいことなんかないのと声をかけられてもなんにもないんですから。




婚活とは恐ろしい




株式市場よりも婚活市場のほうが残酷だなぁと思わずにはいられませんね。



たまにテレビとかで婚活パーティーなるものの映像に出くわすと恐怖という感情しか起きません。あんな恐ろしい所にわざわざお金を払ってその場にいることが出来るという勇気が本当に凄いなと思います。普段から考えないようにしてるのに間違いなくしにたくなってしまいます。


有利子負債ゼロとはいえ年間売上高約350万円の自分なんかがそんな市場に出たら即刻上場廃止ですね。というか誰も口をきいてくれないでしょう。



どうせ低年収ですし使う道のない金は捨て金だと思ってNYSEとNASDAQにでも課金してしまうのがいいのかもしれません。持ちドルを増やすだけのゲームですがソシャゲよりはたぶんマシなはず…








2016年の年収と推移

12930727_1099009270140125_1959593000_n
続きを読む
Amazon 世界最先端の戦略がわかる
ジェフ・ベゾス 果てなき野望
ブログ村
おすすめの本
ギャラリー
  • きもめんはつらいよ
  • きもめんはつらいよ
  • きもめんはつらいよ
  • きもめんはつらいよ
  • テスラ
  • テスラ
  • Love & Other drugs を観ました
  • 2018年冬期賞与
  • 2018年冬期賞与
カテゴリー
~ブログタイトルの由来~
このブログのタイトルは、バフェットのこの言葉から着想しました。

“Life is like a snowball.
The important thing is finding wet snow and a really long hill. ”

― Warren Buffett
記事検索