きーぜるの雪玉ころころ。

AMZNとともに生きる

初めて電気シェーバーを買ったよ

私は今までずっと髭剃りには百円ショップで購入したT字カミソリを使用していたのですが、先日誤って横に刃をスライドしてしまい、思いっきりざっくりと鼻の下を切ってしまい、あまりにも痛く、また切り痕も結構なものになってしまいました。


そのため、ついに電気シェーバーを購入することにしました。

買ったのはAmazonのランキングで上位に来ていてリーズナブルなお値段のものにしました。


12a2759d.jpg



あけたらこんな感じでした。

3db68bf6.jpg


いやあ~すばらしい剃り心地ですね!! 安い刃で剃るのとは全然違いますわ!

初めて電気シェーバーを使って、なんでもっと早く買わなかったのかとものすごく後悔しました。

今までずっと貧困節約生活を送ってきた身としては、なんかそういう類のものが結構ありそうな気がしてならないので、予算の許す範囲内でもっと色々やってみたいですね。


自分の今まで置かれてきた環境を呪わしく思ったところで、これからの人生が良くなるわけではありませんし・・・・


2015年5月の収入

6b29b3da.jpg


2015年5月の収入は、156,690 円でした。

手取りが上がったからといって気を緩めることなく、節約していきます!

13回目の献血に行ってきたよ

ff92169e.jpg




今日は丁度市内に献血バスが来るタイミングだったので、通算13回目の献血に行ってきました。

私はいつも400mlで献血しております。今回の問診では年間3回していてありがたいとほめてもらえました。
私は単純な性格なので、今日はいい気分で献血できました。


前回は大洗のあんこう祭りの時でしたので、約半年ぶりですね。画像はその時にもらったクリアファイルです。

私のような貧乏人でもこのような形で社会の役に立てるのはとてもうれしく思います。

ついでといってはなんですが、私は学生時代と交代勤務時代に肝臓の数値が酷く悪化してしまったので、定期的に血液の値が確認できるのはとてもありがたいですね。




自分でスーツを洗ったよ

私はこれまでずっとスーツはクリーニングに出していましたが、上下でクリーニングに出すといつも約1000円程かかってしまうのと、値段の高いスーツを着ているわけではないので、(たしかイオンで一万円ぐらい) 節約の為にも今回は自分で洗うことにしました。



まずは、ホームクリーニング用の洗剤を買ってきました。Vanguardの生活必需品セクターETFであるVDCを通じてPGを保有しているので、出来ればPG製品(ボールド)を使用したかったのですが、残念ながら近くのディスカウントストアでは取り扱ってなかったので、今回は仕方なくアクロンにしました。

24aa9cdb.jpg



タグを確認すると、元々ズボンは洗濯機でも洗えるようなので、100円ショップで買ってきたネットにいれて、ソフトモードで洗います。

be255945.jpg


ジャケットは同じく100円ショップで一緒に買ってきたバケツで手洗いしていきます。

d279a7fb.jpg



こちらはじゃぶじゃぶ洗った後です。思っていたよりもスーツって汚れているんですね。
水が真っ黒です。

d00f5496.jpg


水が透明になるまですすいだら、ベランダで陰干ししました。

乾いたものがこちらです。かなり綺麗になりました。

e7bdfb88.jpg


数万円するようなスーツだったら、クリーニング店に出した方が良いと思いますが、一万円ぐらいのスーツだったら、私はホームクリーニングで十分だと思いました。ホームクリーニングによってスーツの寿命が通常に比べて縮むことよりもむしろ、私にとっては同じスーツを着続けられる体型で居続けることの方が遥かに大事です。


それに私の場合は行き帰りしか着ませんし、何よりもそれなりに距離のあるクリーニング店に逐一持っていったり、受け取りに行くのがとても面倒に思っていたので、これからはスーツに関してはずっとホームクリーニングに切り替えようと思います。一生のうちに支払うクリーニング代を考えると、結構いい金額になる気がします・・・


外注すればそれだけお金が出ていってしまいますし、これからも自分にも出来そうな範囲であれば自分でチャレンジしていきたいですね!!

好きな事を仕事にしたいですか?

5e7fb279.jpg

最近ツイッターでよく、好きな事を仕事に云々という話題がタイムラインに流れてくるので、個人的に思った事を書きたいと思います。


何度も流れてくるので、世の中の割と多くの人々が悩む問題なのかもしれませんね。
大学卒業後2年間の間で営業→製造→倉庫と転職し、今の会社で3社目の私としては、そういうことを悩む余裕がある立場が羨ましいなとも思ってしまうのですが....


私の場合はコミュ障の自分でも続けられる仕事を探すことで精一杯でしたので、好き嫌いなんて考える余裕なんて全くありませんでした。元が貧乏人の私にとっては人的資本から稼げるようにならないことには投資もへったくれもありませんからね。



今の会社も最初は辛くてたまりませんでした。それでもこれまでに経験した営業や工場の壮絶さに比べればまだ自分に合ってるので続けられることが出来ましたが・・・その為ブログやツイッターを始める気力さえ全く起きませんでした。


ただ、私が1番思うのは、今現在好きな事が将来的にも好きであり続ける保証はありませんし、今嫌だと思っている事がこれから好きになる可能性もなくは無いということです。どうしても仕事にしてしまうと嫌になるっていうケースも多々あると思います。今の会社で扱ってる商品も、そういう方面が好きな人には楽しいのだと思いますが、そうでない人には見るのも嫌になります。私はその意味ではその中間くらいですね・・・


私自身は、結果的に嫌で逃げ出しましたし、あまり思い出したくはありませんが、新卒で入った会社もその次に入った会社も、一応あれはあれで向いている人にとっては天職なのだと思います。もちろん社風というのも大いに関係してくると思います。


実際のところ、会社なんてものは入ってみなければ何も分かりません。私が新卒で入社した大手企業の就活スレをたまたま読んでみましたが、バカバカしくて失笑しか起きませんでした。「最大手なだけあって、とても優しい人が多く、社員に暖かい良い会社だと思った。」なんて書いてありましたけど・・・まあ外部から見たら所詮そんなもんなのでしょう。私の口からはとてもではありませんがそんな事は言えませんけども・・・


私も最初に入った大手企業を辞める時には確かに悩みました。2ヶ月で辞めたという事は貴重な新卒カードをドブに捨てたようなものですから。ただ、こんな仕事はしたくないという気持ちの方が強かったですし、もう心が耐えられませんでした。あのまま続けていたら自殺していたでしょう。なので、私自身は好きな事を仕事にしたいなんて畏れ多くて、長く続けられる仕事につければ十分だと思っています。


ここまで書いてきて何が言いたいのかよくわからなくなってしまいましたが、結局何が言いたかったかというと、捨てる神あれば拾う神ありとも言いますし、各々がうまく落とし所を見つけられればそれで良いのかなと思います。人生やり直せればとは誰しも思うことですが、やり直しが効かないのが人生なのですから。
四季報ちゃん
おすすめの本
ギャラリー
  • 四季報ちゃん
  • 権利の請願
  • 頭のイカれた奴がいる
  • 頭のイカれた奴がいる
  • 頭のイカれた奴がいる
  • 面接の逆質問
  • アマゾンエフェクト
  • アマゾンエフェクト
  • 株式投資の恐怖
カテゴリー
~ブログタイトルの由来~
このブログのタイトルは、バフェットのこの言葉から着想しました。

“Life is like a snowball.
The important thing is finding wet snow and a really long hill. ”

― Warren Buffett
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
ブログ村